My selection

sub5512.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 22日

補修用クラスプのS刻印

c0186853_2404599.jpg


c0186853_24153.jpg


日ロレでクラスプ交換した場合、製造年を推定できる記号にS刻印が付くという話は有名ですね。
では実際にS刻印とはどう記されているか確認してみました。

まず上の画像は親父のRef,16233です。
2007年6月に日ロレのOHにてクラスプ交換されています。
OP6の記号の左側にSの刻印があります。
そして下の画像は私のRef,16600です。
クラスプ交換していませんのでAB12の横にはSの刻印は有りません。

私はてっきりOP6Sのような刻印と思っていましたが、違っていました。
なおブレス交換された場合はクラスプにSの刻印はありません。
これはRef,5513を2006年9月に日ロレにてOHし、クラスプのピンが脱落してブレスが切れると警告
されましたが予算の関係で2006年12月にブレス交換を行った際クラスプを確認しましたがSの刻印は
無しでした。

なおRef,16233に使用された補修用クラスプは記号から2006年6月頃の物のようです。

by by_hide | 2009-06-22 00:02 | 時計


<< 旅だった愛機      Ai AF 85mm F1.4... >>