My selection

sub5512.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 01日

SUBMARINER小冊子

c0186853_245214.jpg


サブマリーナの小冊子からも当時の様子が伺い知れる事があります。
上の画像は上から
・1970年代のサブマリーナ小冊子
・P番16600 付属の小冊子
・M番16610LV 付属の小冊子
Z番16610 の小冊子はM番と1年違いなんで外しました。

c0186853_2241529.jpg


P番の物とM番の物は中身は一緒ですが最終ページのロレックス建屋の絵が違っています。
M番16610LV付属の小冊子には中に16610LVが載っているのではと想像していましたが、残念ながら載っていません。

では1970年代のサブマリーナ小冊子はどんな中身なんでしょう?




c0186853_2311056.jpg


c0186853_2314359.jpg


c0186853_232860.jpg


1665 は赤シードが載っており、サブは5513と赤サブが載っています。
Ref 番号の後ろにステンレスモデルである /0 が書かれています。
この記載も昔のRef の書き方です。
1680/0 のブレスはよく見るとリベットブレスですね。

c0186853_2354995.jpg


c0186853_2361379.jpg


金無垢モデルは /8 と現在のRef 番号末尾の8番が書かれていますね。
1680 は黒サブ、青サブともフジツボインデックスが採用されていた事もこの小冊子から解ります。
金無垢に付属していたアンカーは金メッキが付属していたのかも知れませんね。

by by_hide | 2009-05-01 02:47 | 時計


<< 忌野清志郎よ ありがとう      エヴァンゲリオン初号機 >>