My selection

sub5512.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 21日

SUBMARINER Date Panama Canal model Vol,2

c0186853_10541473.jpg


SUBMARINER Date Panama Canal に興味を持ち、いろんな書籍を調べまくりましたがどの本にも載っていなくて情報を調べるのにはかなり苦労しました。
その中で唯一画像の本に2ページだけでしたが、何とか載っていました。



c0186853_10584439.jpg


まず何故ロレックスがパナマ運河返還記念モデルを作成するのに至ったか?

この本を要約すると、パナマ共和国のロレックス正規代理店であるメルクリオ宝飾店がロレックスに注文を出し、主にパナマ運河職員に販売され一般にはほとんど流れなかったようです。
なかでも”パイロット”と呼ばれる、船舶に乗り込んで全ての指揮をとるパナマ運河のエリート職員が注文したそうです。
最初に作成されたのはRef,16610のPanama Canal が75本製作され裏蓋にはXX/75と言うように限定番号が打刻されています。
1999年12月31日にパナマ運河はアメリカからパナマ共和国に返還され、Ref,16610 Panama Canal のギャラの日付も同日になっています。
パナマ運河返還式典は1999年12月15日に行われ、その際6本のSSモデルは次の要人に送られています。
スペイン王ドン・ファン・カルロス、元アメリカ大統領ジミー・カーター、メキシコ大統領、ボリビア大統領、コスタリカ大統領、エクアドル大統領。
Ref,16610 Panama Canal のシリアルはA7番台です。

SSモデルが出た後、欲しいという職員が続出、再発注を試みたが、限定番号があるためロレックスが了解せず、仕方なくコンビのRef,16613での再発注となりました。
こちらも裏蓋にXX/75と言う限定番号が打刻され、ギャラはA9番台で日付は2000年以降の日付です。

SS、コンビともメルクリオの証明書がロレックスのギャラとは別に付属しています。
SSがファーストモデルと呼ぶなら、コンビはセカンドモデルと言えるかも知れないですね。

※画像のコンビのPanama Canal はニューヨークの城間アンティーク所蔵。

by by_hide | 2009-04-21 11:33 | 時計


<< SUBMARINER Date...      SUBMARINER Date... >>