My selection

sub5512.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 03月 10日

見つかったカーネル・サンダース像!

85年10月に阪神タイガースがセ・リーグ優勝した時に道頓堀へ殺到したファンにより道頓堀川に投げ込まれた後、行方不明となっていたケンタッキー・フライドチキンの「カーネル・サンダース」像とみられる人形が本日10日午後4時ごろ道頓堀川から見つかりました。

当時、優勝を支えその年の三冠王に輝いたランディ・バース選手がサンダース像に似ていたことからファンらが、当時の道頓堀店の店頭に置いてあったサンダース像を「六甲おろし」の大合唱と共に、道頓堀川に投げ込んでしまいました。
阪神タイガースはその年の日本一以降、03年のリーグ優勝まで、長期間の低迷が続き、ファンの間では「カーネル・サンダースの呪い」とも言われていました。

最近の阪神タイガースはAクラス常連となりましたが、低迷期は本当に呪われているのではないかとの噂も立つほど大阪では有名な道頓堀事件でした。
この時は道頓堀にある、かに道楽のカニに登ったり、道頓堀川へダイブなど他にも多数の事件がありました。
今思い返すと当時の関西では悲願達成でハメを外したファンが多かったですね。

ここ数年はファンのマナーも向上しTV沙汰の事件は起きていません。

<日本ケンタッキー・フライド・チキン広報室談>
現在も大阪近辺で行方不明となっているサンダース像は、85年に行方不明となった個体しかなく、当時のものとみられる。

朝日新聞より

by by_hide | 2009-03-10 20:23 | 雑記


<< ルーレット刻印      ニコン製品希望小売価格改定 >>