My selection

sub5512.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 23日

SUBMARINER Ref,5512

c0186853_4442856.jpg


c0186853_4451196.jpg


(SONY Cyber-shot DSC-P100)

ダイバーズウォッチとしては完成された機能を持っていたサブマリーナでもリューズに何か当たると破損する恐れがありました。
この問題を解消するためにロレックスとしてダイバーズウォッチに初めてリュースガードを付け、開発されたモデルがRef,5512です。
登場当初のムーブメントはノンクロノのCal,1530を搭載していましたが、その後クロノメーターのCal,1560、Cal,1570と進化し文字盤表記も時代と共に変わっていきます。
画像のRef,5512は2頭の1960年代後半製造でノンハックモデルですが、2003年に日本ロレックスでオーバーホールされた際に文字盤、針は交換され、トリチウム夜光からルミノバ夜光に変わっています。
発売当時のドーム風防はボリュームがありましたが、現在のメーカー純正補修用ドーム風防はドームのアーチが浅くなっています。
このRef,5512のムーブメントはCal,1570が使用され、2008年にオーバーホールを日本ロレックスにて行っています。
まだ補修用部品がありますのでオーバーホールは受け付けて貰えますがトリチウムの文字盤、針の場合は夜光塗料が剥離する可能性があるため日本ロレックスではルミノバに交換を条件にオーバーホールを受け付けるようです。

by by_hide | 2008-12-23 05:09 | 時計


<< SUBMARINER Ref,...      ニコン オリジナルグッズ >>