2010年 12月 24日

Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)

c0186853_22543191.jpg


このレンズはNikon F100 発売時に同時に発売されていたレンズです。
来月に使う可能性があって、D700 でどういう写りをするのか近いうちに試し撮りを考えているところです。
このレンズは生産中止品ですから今では中古でしか手に入りません。
このレンズが発売された当時はF100 に使う標準ズームとして結構売れたようです。
今はD3 やD700 で標準ズームとして使っている方もいらっしゃいます。
このレンズの特徴は焦点域50mm~105mm はスイッチ一つで1/2倍のマクロ撮影ができる事です。
欠点もあり、ズーミングするとフィルター枠も回転してしまう事です。
サーキュラーPLフィルターを使わなければ問題はありませんが、使用時はズーム位置を決めてからフィルターを回転させて効果を確認しながら使わないといけないので、少し手間が掛かります。
また、別売りの専用フードは花型ではなく、ばかでかいラッパのようで見た目は良くありません。
しかし455gと言う軽さは魅力です。
D700 を買ってからまだ使っていませんが、レンズ板の評判ではデジイチにこのレンズの相性は結構良いとの事です。
因みにこのレンズはF100 と一緒に購入しました。

by by_hide | 2010-12-24 23:10 | カメラ | Comments(2)
Commented by 4桁は、DarkSideなんで at 2010-12-26 07:02 x
ヒデさん、おはようございます。
用途でハマるレンズ沼。
近寄りたいでもという感じです。
Commented by by_hide at 2010-12-26 13:06
4桁は、DarkSideなんで・・・さん、こんにちは。
もともとレンズは用途で使い分けるものなんで多少の本数増は仕方ないと思っています。
どんな場面にも使える万能ズームはレンズが暗いので夜や暗いところではブレ対策が必要で・・・
と言う事でレンズ沼にはまっていきます。
最初の機材で納得できたら沼には近寄らずに済みますけど難しいですね。


<< 貰っておいてなんだけど・・・      SPY kids >>