2010年 04月 18日

Ai AF 20mm F2.8Dリバース撮影

c0186853_412267.jpg


リバースアダプターリングBR-2A、BR-5、BR-3です。
以前Ai AF 20mm F2.8Dを購入した時に一緒に購入しておいた物です。

c0186853_4344775.jpg


リバースアダプターリングを使うと写真のようになりますが、Ai AF 20mm F2.8Dはフィルター経が60mmなのでステップアップのリバースアダプターリングBR-5を使って52mmからステップアップしています。
Ai AF 20mm F2.8Dでリバース撮影すると取説では倍率が3.4倍になります。
撮影はマニュアル露出でフォーカスもマニュアルですが、フォーカスリングではフォーカスが合いきれないのでカメラ自身も前後にずらしてフォーカスを合わせます。
しかしかなり撮影は難しいですね。
試しに補修用風防を撮影しましたが、ピントが合わせきれませんでした。
参考に画像をアップしますが、Sの横向き文字がかすかに解る程度でした。
もう少し照明条件を変えれば綺麗に写せるかも知れません。
c0186853_4302954.jpg


※カメラにリバースアダプターリングを付けて、レンズを逆向きに付けて撮影する事をリバース撮影と言います。

by by_hide | 2010-04-18 04:30 | カメラ | Comments(2)
Commented by 4桁は、DarkSideなんで at 2010-04-18 06:30 x
hideさん、おはようございます。
特殊な撮影が難しいのが良く分かります。
趣味で新たな使い方を考え商品化出来たらホクホクですね。
Commented by by_hide at 2010-04-18 10:00
4桁は、DarkSideなんで・・・さん、おはよう。ございます
リバース撮影のような特殊な撮影はデジタルになって減ったよう
です。
趣味で新たな使い方を商品化し実用化できたらホクホクですが、
メーカーの協力が必要ですね。


<< サンエーパール      携帯時計ポーチ >>