2009年 03月 01日

大阪港天保山 海遊館 Ai AF-S Zoom 28-70mm F2.8D

<館内撮影>
Nikon D700、Ai AF-S 28-70mm F2.8D
ISO:1600、手持ち撮影
露出:M、1.6秒、F/18、28mm
c0186853_22262951.jpg


露出:M、1/125秒、F/8、70mm
c0186853_2227419.jpg


露出:M、1/60秒、F/8、70mm
c0186853_22275512.jpg


露出:M、1/8秒、F/4、28mm
c0186853_22283288.jpg


露出:M、1/15秒、F/4、28mm
c0186853_22293584.jpg


露出:M、1/10秒、F/5.6、70mm
c0186853_223002.jpg


露出:M、1/100秒、F/2.8、48mm
c0186853_2232538.jpg


露出:M、1/40秒、F/8、35mm
c0186853_22322675.jpg


<大道芸人>
露出:M、1/8秒、F/8、40mm
c0186853_2233752.jpg


露出:M、1/50秒、F/2.8、40mm
c0186853_22333016.jpg


<天保山大観覧車>
露出:M、1/50秒、F/2.8、28mm
c0186853_2234284.jpg


Ai AF-S 28-70mmを初めて使いましたが、なかなかの描写で満足できました。
このレンズも昔はプロも使っていて写りは良かったです。
大きくて重いのでこのレンズを使う時は気合いが入りますが、満足できるレンズとして今後使用機会が
増えそうです。

by by_hide | 2009-03-01 22:38 | カメラ | Comments(6)
Commented by ZUDA at 2009-03-02 20:13 x
ヒデさん、再びこんばんは。

大阪港の夕日、海遊館のビゼンクラゲ・ジンベエザメのイルミネーション、天保山大観覧車など、とても綺麗に撮れていますね!
明るいズームレンズは少し重たいですが、この描写力には惹かれます^^
自分もフルサイズが欲しくなってしまいました(笑)
Commented by by_hide at 2009-03-02 20:50
ZUDAさん、再びこんばんは。

ZUDAさんからお褒めの言葉、光栄です。
今回夕方の17時から18時半までの1時間半でしたが、大口径ズームとリュックを下げて歩きましたが、不思議とレンズの重さは途中から感じなくなりました。
恐らく撮影が楽しくなってきたからだと思います。
やっぱり大口径ズームは写りがよいですね。(価格通りです)
ZUDAさんも買い替えをする機会があればフルサイズがいいっすよ。
焦点距離換算しなくて済みますから(^^
Commented by れくお at 2009-03-02 23:53 x
ヒデさん こんばんは

天保山の海遊館は4~5年前に嫁さんと行ったことがあります
その日はかなりの強風だったのですが
観覧車に乗ったときにものすご~くゆれて非常に怖い思いをした記憶があります
それがトラウマになってそれ以来観覧車が乗れなくなってしまいました
Commented by by_hide at 2009-03-03 00:23
れくおさん、こんばんは。

天保山に行った事があるのですか。
私は家から50分ぐらいで行けるので、今回3回目ですが観覧車には
乗った事がありません(男一人で乗ると危ない人に見られますね)
今回も海風が強く、屋外では三脚がないと身体がぶれるような強さでした。

天保山の観覧車は風が弱い日がお勧めです^^
Commented by slowhand001 at 2009-03-03 00:37
ヒデさん、こんばんは。

1枚目の写真!これがヒデさん・・・一番自慢の1枚ではないでしょうか?
滝の表現力!抜群のシャッタースピード選択です!!!
素晴らしいです!!!

海遊館・・・ダイバーにとっては最高の水族館です。
マンタ!ジンベイ鮫!一度は海で逢いたい魚君ですから!!!
Commented by by_hide at 2009-03-03 07:23
OBI-ワンさん、おはようございます。

お褒めの言葉、ありがとうございます。
やはりOBI-ワンさんはお見通しですね(^^
私にとってこの日の一番納得できる1枚です。
1.6秒という長秒撮影だったので、身体や腕を手摺りに預けてブレ防止
対策をし、結構苦労して撮った1枚です。

海遊館でジンベエ鮫も撮ったのですが、距離があって少しぼけた写りで
アップは見送りました。
一般の人もダイバーにとっても楽しめる水族館です(^^


<< タイピングミスに御注意を!      大阪港天保山にて撮影 Ai A... >>